泥藍作り1

前に藍の葉を刈り取ってからの

その後をなかなかアップ

できずにいましたが

自分の服を染めて

色々と確認作業してみました。


自分の仕事着にしちゃおう

って感じでね。




島の藍で灰汁発酵建で

まずは

自分ひとりで

できる範囲で

島にあるもので

継続して染める事が

目標です。


藍を染められたら

草木染めの色に

広がりがあって

すごく楽しくなる。


泥藍作りから

自分の確認の為にも

少しずつ書いておこうと

思います。



刈り取った藍の葉を

ぎゅーっと詰めてます。

この後、水を入れて

1日半くらい放置します。


この時 刈取りは早朝。

朝のうちに枝から外せる分だけ

収穫してポリバケツ2個分が

ひとりで作業できる量でした。


与那国では琉球藍は育ちません。

亜熱帯の気候には

ナンバンコマツナギ(インド藍)が

すっごく元気に育ちます。


島で育て易いのと

色素含有が多いのと

2ヶ月に一度収穫できるんだから

泥藍作りからやった方が

いいですよね〜


続きまた書きます。





  • Black Pinterest Icon
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

お問い合わせ:sakura.yonaguni@gmail.com    090-6858-9239

© 2002 sakura yonaguni okinawa All Right Reserved